So-net無料ブログ作成

自動発注の規制を承認とな

こんな記事が載ってますね。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MAY79B6KLVR401.html

 

高頻度取引の規制法案を承認だとか。自動発注も含まれる・・だそうです。

まだまだ実際に規制に至るには先の話ですし、一筋縄ではいかないでしょうね。

個人的には高頻度取引には「反対」かな、我々弱小投資家には出来ない芸当だし
不公平感が強いね。

やっている方々は「相場の厚みを増している」と言ってますが、儲かるのは
彼らと、出来高が増えて喜ぶ証券会社だけのような気がする。

確かに出来高は増えているが、「流動性を供給している」とは言いがたいなあ。

本当の意味で「流動性を供給している」のは「リスクをとって」という
前置詞がつかないと大義名分は立たない、これは自分たちが儲かるだけだから。

 

さて、今日の相場を簡単に・・

今日はこの件につきますね、私の朝の目から

朝の目線

 

そして、いきなりですが、本日大引け後の「225航海図」

大引け後の「日経225先物航海図」

 

①のところは、スペインの救済申請思惑のような動きでした。

スペインの救済申請思惑で動くダウ先

 

通常、この時間はあまりユーロドルもダウ先も動かないのですが、ハンセンの
切り返しを見て、動意づきました。

普段は、225先物の値動きにゆっくりと時間外のダウ先物が追随するものですが
時々ダウ先物が先導する時があります。今日がそうでしたね。

そして、この時間はいつも沈黙のユーロドルも下値を固くしながら、神経質に上値を
突っつく展開でした。

そして、②ですね。
上に行きそうで行かない、そんな状況の中、突然の上海の急上昇

突然の上海市場の急上昇

 

225も含めて他銘柄もかなりつられました。

結局この上海の上昇はいろいろ噂が飛び交ったようですが
日本時間16:00から中国証券管理監督委員会が会見を行う・・・と
伝わったことが原因と言われています。

(最近の上海市場の低迷に対して)ここでなんらかの刺激策が導入
されるとの期待が高まった・・・とのこと。

で、その後は結局会見時間が延期されたりとか、現在でも情報が錯綜している
みたいです(笑)

まあ、とにかく私はユーロドル「買い」を前場から仕込んでいて、引け際に
ドイツDAXを「買い」仕込みました。

「さあ来い!スペイン!!」
・・と息巻いたものの、上海は高値キープのまま終了したんですが、私の予想ほど
にはユーロもDAXも伸びずに、トレーリングストップに引っかかってしまい
ました(´・ω・^)

ユーロドルがおよそ15pips、ドイツDAXが10円(ユーロ)程でした。

しょぼかった(*.*)

こんな事ならよっぽど素直に225先物を買っておいた方が値幅が
あったと後悔しました。

nanakoプロとsumomoプロは見事に買っていましたね。おめでとうございます。

そして現在、結局スペインの株価指数もスタートは上にぶっ飛んだのですが
結局落ちてきました。どうなるのかねえ?スペインは。

明日(27日)はスペインの銀行のストレステストの結果発表もあります。

「負けない技術」発売開始しました

http://help225.net/tool/makenai-trade/index.php

Silver.B
http://help225.net/
・投資助言代理業 東海財務局(金商)第153号
・金融商品取引法第63条適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出・登録済み

『利益は管理できませんが、リスクは管理できるはずです』
nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。