So-net無料ブログ作成

航海図仲間の募集です





まずは今日の相場解説から、いいところで売りましたよ、ほらっ!

ここで売りました<( ̄へ ̄)>エヘン

 

今日は航海図を見てもらえばわかりますが、8970円を背に売るか
200MAの9000円を背に売るか悩みました。

今日は半期末ということでドレッシング買いの入る恐れもあったので
出来れば高いところで売りたいと思い、ここで売り!

完璧じゃないですか!!久しぶりに決まったね!!

日経225先物トレード約定履歴

 

あうれっ?同値降りでした orz

(T.T)(T.T)(T.T)(T.T)(T.T)(T.T)>(T.T)(T.T)>

後の下落は久しぶりに指を咥えて見ていました、しゃぶしゃぶ・・・

久しぶりに「やっちまった」感満載です。寄り直後の板付きの移動を
見て同値で手仕舞いをしてしまいました・・・素人同然。

馬鹿だなあ、俺・・・

今日は落ち込むなあ。昼からは地元のロータリークラブの例会出席で
大引け近くしか見られませんでした。

あっ、そうそう、今日の大幅下落は蓋をあけてみればモルガン・スタンレーが
トピックス先物を8000枚売り越しているのが原因でした。
彼らの一人芝居ですね。この8000枚売りを各社が(結果的に)受ける形で
1000-2000枚程度で買い越ししていました。

 

------------------
さてさてさて、そんな恥ずかしいトレード履歴を見せた日ではありますが
「225航海図仲間募集のお知らせ」です(^^)

今年初めての「航海図仲間」の募集を致します!!

・・・てもうすぐ年末ですけど・・・てツッコミはなしで(^^;)

 

【 航海図仲間の第四期生を募集致します 】

 

少人数の少数精鋭と勝手に自負しておりますが、おかげさまで
「航海図仲間」の継続率が非常に高く、あまり頻繁に募集をしておりません。

掲示板の書き込みは非常に品と質が高く、女性会員も何名もお見えですので
シモネタなども基本禁止にしております(・・・がたまに抵触してるかもすいません)

でも、人生相談はOKなのです!(笑)

ですので、博打系のトレードやオラオラ系が好きな方は、きっと肌に合わないと
思います。

当初は225先物専門でのスタートでしたが、時代の変化の中で、現在は225先物
問わず、主にCFDを利用した世界の株価指数に投資するスタイルが私を含めて
皆さん多いです。

あっ、でも実は結構オプションプレイヤーのプロも何気に多いかな、実は。
(私青山はオプションは素人同然であり、トレードしてません)

 

私自身は最近はFXにもかなり力を入れていますね。

掲示板には随時私からの市場筋情報や、その時々のトレードのヒントも
載せたりしています。

もちろん、「よっしゃあ、30円ゲット!」とか「あっちゃー、やられたー」
という書き込みも結構あります(^^)
(人間ですので、感情のはけ口も大事です)

今までオフ会は6回実施しました。次回7回目を年末近くにも
(おそらく11月~12月初旬)にかけて東京で開催予定です。

オフ会は通常多くのプロが参加して情報交換や勉強、そして日頃のストレスの
開放を行います・・というか、ストレス発散に自然になりますね(^^)

トレードは基本孤独ですので、このストレスの発散が何より大事だと
思っています。人間ですので会って話をするのが一番良いのですが
掲示板に書き込んだり、読んだりするだけでも随分と気分的に違うものです。

 

人に聞いてもらうことによって、
「喜びは倍になり、悲しみは半分になります」(加藤諦三)
人間とは、そういうものだと思います。

なんだか、「航海図」から離れて掲示板の紹介ばかりになってしまいました。

「225航海図」(225航海図と225先物航海図とは同じものです)
は、それ自体は「買い」「売り」などのサインを直接指示するものではありません。

あくまでも225の現在地図を映し出すにすぎません。

ですので、自分だけで長い間使ってきた「225航海図」を人にレンタルするに
あたって「投資助言」の資格は必要なく、ソフトウエアレンタルで良いと
思っていました。

そして金融庁からの問い合わせに対しても「直接売買指示を出すものでは
ありませんので、あくまでソフトウエアのレンタルで問題ないのでは?」
・・・と答えていたのですが・・・

結局、「225航海図」を精査した金融庁の判断は「これは投資判断ができる
ものと認めることができるツールであるので、投資助言の免許が必要である」
という判断を受けました(通達を受けました)

ですので、金融庁の通達に従いまして投資助言の免許の申請をして、私自身の
審査などを得て投資顧問の免許取得に合格したものです。
(かなり細かい審査がたくさんあります)

日頃、機関投資家を含めた審査などを担当している金融庁の審査官が精査して、
「売り買いの投資判断が可能なツールだ」という決断を下されたわけですから、
その実力は、そんじょそこらの”ツール”とは一線を画することは想像が
つくと思います。

こう書くと「別にお墨付きを与えたわけではない」と金融庁からお叱りが
来そうですが(笑)

金融庁はお墨付きなどは決して与えません。しかし、「ただの株価関連データを
表示するソフトウェアであり、普通のソフトレンタルの認識で良い」・・・とは
いかなかったのも事実です。

投資顧問のプロの道具として
「売り買いなどの判断を事実上指し示すものだ」と判断したということですね。

 

・・・まあ、225航海図はそんなツールです・・ってこれだけでは
わかりませんね。

詳細と案内はこちらをご覧ください

http://help225.net/tool/kokaiz/index.php

昨年から案内ページをほとんど変更していません。今回の募集にあたって
ページの刷新も考えましたが、今一度案内ページを読み込んでみて
一部修正しただけでそのままにすることにしました。

基本の考えや、トレード手法は特に変わっていないからです。
(「あの手法はもう古いです、今はこれです」と毎回飽きずにやっている所も
ありますが)

ただ、この1年間でいろいろ進化したものもあります。これは現在協力
してくれているスタッフのおかげなのですが

○ マーケットスピードやエクセルが必要ない、ウェブ(Web)航海図のスタート

○ ウェブ(Web)航海図はスマホからでもOK!

○ 掲示板もスマホから見られて書き込みもOK!

○ 毎朝7:40-8:00頃までに配信される私の目線に合わせて
メールに添付されたリンクをクリックするとその場で朝の航海図が
見られ、勉強や発注がしやすくなりました。

・・・などなど、他にもいろいろあります。

そうそう・・・それから、今回航海図仲間になられた方には、今月発売
したばかりの私のDVD「負けない技術」(製品版と同じもの)を
プレゼントしますので、これと合わせてしっかり勉強して、練習して
手に職(トレードの職)をつけてください。

 

【航海図仲間に今入会されると、「負けない技術」をプレゼント中!】

 

あなたがお金持ちになる一番手っ取り早い方法は・・・

自分の周りの人間(友達・知り合い)が、全員金持ちの環境に身をおくことです。
これが一番早いです。ほどなく”あなた”もお金持ちになるでしょう。
当然の法則です。嫌でもお金持ちの考え方が身についてしまいます。

この場合方法は2つあります。

ひとつは、「受け取りたければ、まずは与えよ」の法則にのっとって、まずは自ら
進んで、あなたの周りの人間を先に金持ちにしてしまい、上記環境にする方法です。

もうひとつの方法は、既に金持ちばかりである集団に自ら入っていき上記環境に
身をおくことです。

あなたの友人が全員成功して金持ちになったからといって、自分だけ惨めに感じて
離れていくとしたら・・・・それは全く逆効果な判断です。

自分よりも、貧しい人達ばかりと常に付き合って「優越感」に浸っているとしたら、
そのうちあなたも引きづられることになり、「もっと貧しい」集団に入らなければ
「優越感」を満たせなくなる悪循環に陥ります。

トレードの世界も同じではないでしょうか?あなたもそう思いませんか?

そのような理由もあり、航海図仲間の募集は少人数となりますが、興味のある方は
是非ご参加ください。

よほどないとは思いますが、人数が想定に達した場合は早期に締め切りをさせて
いただくことがあります、ご了承ください。

興味のある方はこちらから
(申し込みは一番下にあります)

http://help225.net/tool/kokaiz/index.php

 

質問などがありました、なんでも構いませんので私個人宛てに遠慮無くメールをください
master*help225.net
(*を@に変えてください)

土日は返信が遅れることもありますが、ご了承ください。
しかし必ず全員の方に誠意を持って返信いたします。
真剣な質問には、こちらも真剣にお答えいたします。

それでは、皆さん良い週末を(^^)/

Silver.B
http://help225.net/
・投資助言代理業 東海財務局(金商)第153号
・金融商品取引法第63条適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出・登録済み

『いつまで待っているのですか?一体何を待っているのですか?』





ブログをこちらへ統一しました。
ご興味お有の方は、ブックマークの変更をお願いしますm( _ _)m

● ブログ
→ http://help225.net/?cat=3
● WEBサイト
→ http://help225.net/

nice!(0)  トラックバック(0) 

自動発注の規制を承認とな

こんな記事が載ってますね。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MAY79B6KLVR401.html

 

高頻度取引の規制法案を承認だとか。自動発注も含まれる・・だそうです。

まだまだ実際に規制に至るには先の話ですし、一筋縄ではいかないでしょうね。

個人的には高頻度取引には「反対」かな、我々弱小投資家には出来ない芸当だし
不公平感が強いね。

やっている方々は「相場の厚みを増している」と言ってますが、儲かるのは
彼らと、出来高が増えて喜ぶ証券会社だけのような気がする。

確かに出来高は増えているが、「流動性を供給している」とは言いがたいなあ。

本当の意味で「流動性を供給している」のは「リスクをとって」という
前置詞がつかないと大義名分は立たない、これは自分たちが儲かるだけだから。

 

さて、今日の相場を簡単に・・

今日はこの件につきますね、私の朝の目から

朝の目線

 

そして、いきなりですが、本日大引け後の「225航海図」

大引け後の「日経225先物航海図」

 

①のところは、スペインの救済申請思惑のような動きでした。

スペインの救済申請思惑で動くダウ先

 

通常、この時間はあまりユーロドルもダウ先も動かないのですが、ハンセンの
切り返しを見て、動意づきました。

普段は、225先物の値動きにゆっくりと時間外のダウ先物が追随するものですが
時々ダウ先物が先導する時があります。今日がそうでしたね。

そして、この時間はいつも沈黙のユーロドルも下値を固くしながら、神経質に上値を
突っつく展開でした。

そして、②ですね。
上に行きそうで行かない、そんな状況の中、突然の上海の急上昇

突然の上海市場の急上昇

 

225も含めて他銘柄もかなりつられました。

結局この上海の上昇はいろいろ噂が飛び交ったようですが
日本時間16:00から中国証券管理監督委員会が会見を行う・・・と
伝わったことが原因と言われています。

(最近の上海市場の低迷に対して)ここでなんらかの刺激策が導入
されるとの期待が高まった・・・とのこと。

で、その後は結局会見時間が延期されたりとか、現在でも情報が錯綜している
みたいです(笑)

まあ、とにかく私はユーロドル「買い」を前場から仕込んでいて、引け際に
ドイツDAXを「買い」仕込みました。

「さあ来い!スペイン!!」
・・と息巻いたものの、上海は高値キープのまま終了したんですが、私の予想ほど
にはユーロもDAXも伸びずに、トレーリングストップに引っかかってしまい
ました(´・ω・^)

ユーロドルがおよそ15pips、ドイツDAXが10円(ユーロ)程でした。

しょぼかった(*.*)

こんな事ならよっぽど素直に225先物を買っておいた方が値幅が
あったと後悔しました。

nanakoプロとsumomoプロは見事に買っていましたね。おめでとうございます。

そして現在、結局スペインの株価指数もスタートは上にぶっ飛んだのですが
結局落ちてきました。どうなるのかねえ?スペインは。

明日(27日)はスペインの銀行のストレステストの結果発表もあります。

「負けない技術」発売開始しました

http://help225.net/tool/makenai-trade/index.php

Silver.B
http://help225.net/
・投資助言代理業 東海財務局(金商)第153号
・金融商品取引法第63条適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出・登録済み

『利益は管理できませんが、リスクは管理できるはずです』
nice!(0)  トラックバック(0) 

面白い画像を2つ

今日は面白い画像2連発からいきます。

まずはクリック株365の今朝の気配から

クリック株365の今朝の気配

 

いやいや、すごい、すごい、約定させる気ナッシング!

そして相変わらずの「買い」「売り」表示が自分目線(笑)

これは自分目線「売り」が配当落ちしてないんですね。

もう、めちゃくちゃ、ここのマーケットメーカーやる気なし。
ちなみにドイツ証券だと思う。

それから、こちらの発言、何かのギャグですか?

ユーログループ議長のギャグ

 

これは説明必要ないですね。本気で言ってますか?ってやつですね。

普段はたいがいギリシャの要人が、みんながズッコケルような発言を
して楽しませてくれるのですが、久しぶりに違う国の方でした。

さて、今日の日本市場ですが、大引け後はこんな感じ。

大引け後の日経225先物

 

大引け後の手口から、配当の再投資で(トピックス先物)で
ゴールドマン・サックスとJPモルガンが合わせて7000枚を
超える買いを行なっていました。

寄付き後の妙に底堅い動きは、これが原因だったと考えられます。

ちなみに昨日は手口から、野村証券と大和証券でした。
日本時間13:00頃にユーロの急落がありましたね。
掲示板でも書きましたが、私は個人的にはこれはSNB(スイス
国立銀行)による、溜まった(ごみ)ユーロを円やドルと
交換する動きだと推測しています。

最近時々、アジア時間に急激にユーロ安が進んで(売られて)
その後ピタっと止まることが何度か確認されてますが、同じ
理由ではないかと思っています。

SNB(スイス 国立銀行)による換金売り

 

それから今日は次期総理大臣候補となる(?)自民党総裁選が
行われましたね。私も生中継で見ていました。

日銀にプレッシャーをかける政策を標榜している安倍総裁が
誕生した瞬間に、まず円安が進んで、その後に225が少し
買われましたが、続かず(当然ですわな、まだ総理大臣でも
ありませんので)、下落しています。

 

本日の225のトレードですが、に従って以下の通り


日経225先物トレード約定履歴

 

いい感じでSGXで下がったのですが、予想通りというか
225の寄付きが強くて残りは降ろされました。

まあ、今日は建て玉が小さかったし、まあこんなものかな。

約定履歴は、日記には主に225を載せてますが、夕方からは
ドイツDAXや、FXも頻繁(?)にトレードしてます。

また、それらも要望があれば載せたいと思います。

 

「負けない技術」発売開始しました

http://help225.net/tool/makenai-trade/index.php

Silver.B
http://help225.net/
・投資助言代理業 東海財務局(金商)第153号
・金融商品取引法第63条適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出・登録済み

『安定に対する最大のリスクは行動ではなく、行動しないことだ』
By ドラギECB総裁
nice!(0)  トラックバック(0) 

プチショック

今日の相場を簡単に解説します。

今朝の目を見ていただければわかりますが、今日の想定は
レンジの中を明日の現物配当取り関係や、225の採用銘柄入れ替えなどの
イベントで小動き予想でした。

しかしながら、本日前場は「プチ上海ショック」が発生しました。

225もそれに連れて200MAを割って下値トライを試す動きとなりました。

まずは、現在の上海市場の状態ですが、こんな感じ

現在の上海市場の状態

 

およそ6年前と同じ水準で停滞しているんですね。

成長ベースでは、あれだけ年々経済成長しているのに、株価で見てみると
意外な感じがしませんか?

そんなこんなで、もうここ最近は上海市場がいつ崩落するか、実は世界中が
かなり注目しているのです。

そこへ来て、本日の上海市場で、年初来安値スタートから直角急落したので
市場が慌てました。

年初来安値スタートした上海市場

 

これと同時に、当然ハンセンも急落。豪ドルを筆頭にユーロドルも急落。

中国・豪州ですので、関連する資源銘柄の原油と金も急落ということで
当然、こうなると時間外のダウ先物も下落。

少し市場に緊張が走りましたね。

このまま上海が下抜けると、間違いなく225も下に突き抜けたと思います。
しかしながら、下値で粘った末に、上海は切り返しとなりました。

下値で粘った末に切り返す上海市場

 

これで市場は一旦落ち着きを取り戻した感じですね。

結局上海の大引けまでは、こんな感じで終了。

上海市場の大引けの状態

 

今日は突き抜けたら、売るタイミングを計っていました・・ちょっと疲れました。

ということで225先物はこんな感じでした。

日経225先物の大引け後チャート

 

さあ、気が付けば9月も最終週ですね、がんばるぞっと。

Silver.B
http://help225.net/
・投資助言代理業 東海財務局(金商)第153号
・金融商品取引法第63条適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出・登録済み

『トレードで勝つ方法というのは、案外単純なものです。
しかし、ひと通り経験しないとそこに辿りつけない人が多いのも事実です』
nice!(0)  トラックバック(0) 

昨日セミナーで解説した理論の実例

昨日のインヴァスト証券のオンラインセミナー
「トレード予備校 青山塾 第三回」
ではアンケートで大変好評をいただきました。

お忙しい中をリアルでご参加いただいた皆様ありがとうございました。感謝です。

やっぱりリアルでチャットがあると楽しいですねえ(^^)

さて、今日の相場ですが、私が朝の時点(だいたい7:30頃)で
どのように考えて相場に望んでいたのか?HP右側の「今朝の目
から見ることができます。(実際には航海図を眺めながらでないと
理解できない部分があるかもしれません)

一日終わってから見ると「馬鹿なこと言ってるなあ、恥ずかしいわ」と
いう時もあれば、「ふむ、だいたい想定通りだなあ」と思う時など
いろいろですが、全て隠さず朝に配信したそのままを掲載しています。

「この今朝の目を相場が始まる前に読みたい」・・・という方は
航海図仲間になるしかなかったのですが・・・現在はよりお手軽な
「イーグルズアイ」というサービスもあります。

http://help225.net/tool/eagles_eye/index.php

 

今日の相場はホテルからPC一台での参戦となり、また10:00以降は
移動の為に、ザラ場は見ることができませんでした。
こちらが大引け後の「225先物航海図」です

大引け後の「225先物航海図」

 

今朝私が朝の目線で示したポイントに赤丸を売ってみました。
黄色い線もそうですね。MODEと200MAが良く機能しているのが
わかります。

本日高値は、まあ、たまたまっぽいですが、シャドーCMEという
独自のCME日足(CME公式の日足をそのまま適用してもダメです)
があるのですが、ここの高値で抑えられた格好となっています。

今日のトレードはホテルからだったのですが、初動は弱いと
思っていましたので、SGXが寄った後に売ってみました。

日経225先物トレード約定履歴

 

まあ、運良くプラスとなりましたが、このまま持っていたら最初の
上昇でロスカットになった気がします。

今日は、ザラ場を見ていなかったので偉そうなことは言えないのですが
ドル円の動きや上海の動き、他にも豪ドル円の動きなどの影響もあったと
思いますが・・・・

でも結局200MAまで落ちてくる弱さがあったということは私の
初動売りは間違ってなかったのではないかと思っています。

ただ、相場に絶対はありませんので、10:00までの上昇の
ような騙しも相場には付き物ですので、文句を言っても始まりません。

この上昇ですが、もう想像しかありませんが、今日の大引け後の
手口を見ると最近の暴れん坊ニューエッジが3700枚程度
買い越していましたので、おそらくこの部分もそうなのではないかと
思います。

今朝は私のように「売り」目線の人が多かったのではないかと
思いますので、寄付きで売ったりした方々が9150円くらいで
投げさせられたのではないかと思っています。

そして、その後はお決まりの下落といった感じでしょうか。

★そして、そして、図の丸印と矢印のところです。

 

★ここを今日はsumomoプロが絶好のエントリーをしております。

 

しかも、まさにあれですよ、まさに昨日私のオンラインセミナーで
話したまんまの理論の勝率の高いエントリー部分です。これは見事です。

セミナーではどうしても簡略化して説明しますが、実践の流れの中で
ちゃんとその部分が「見えている」ということが何よりも日々の実践の
賜物ですね。

このパターンはFXでも全く同じだと思います。

★あなたは見えていましたか?

そのsumomoプロの約定履歴はこちらにあるようです

http://help225.net/?p=3945

 

今週は月曜日がお休みでしたので、一週間が早く感じます。
もう明日は金曜日ですね。

 

それから・・・
トレードという「手に職」をつけたい方、トレードを手っ取り早く
習得する魔法の方法は残念ながらありません。
結局は急がば回れです。

sumomoプロも地道な毎日の努力が、こうして身を結んで普通の方には
見えていない「落ちているお金」が見えてきているわけです。

彼女は主婦ですので、限られた時間の中でがんばっています。

私が撮り下ろした「負けない技術」のDVDで、あたなも普通の人には
見えない「落ちているお金」が見えるようになると思います。

「もう少し安くしてーーー」というメールもいただきましたが(^^;)
いわゆる偽物ばかりの情報商材とは違い本物のプロのトレード技法ですので
安売りはいたしません。ごめんなちゃいね。

http://help225.net/tool/makenai-trade/index.php

 

Silver.B
http://help225.net/
・投資助言代理業 東海財務局(金商)第153号
・金融商品取引法第63条適格機関投資家(プロ投資家)等特例業務届出・登録済み

「幸運は天からは偶然に降ってはきません。幸運はあなたの努力によって
必然的に降ってくるのです」

nice!(1)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。